スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温度差。 
最近 よさに対して感じていること。

あんまりいい気分しない文かもしれません
最近、とっても温度差を感じています。
多分私が凄く冷めた目で見ちゃってるからなんだけど。
本祭の前に少しもめたりした頃からだけど、
私言いたいことは結局何一つ正確に伝えてないなーと
思っているのです。
そのせいで、ずるずる引きずって 未だにテンションあがらない。
っていうか寧ろ下降気味。
お祭りを作ろ~っていう情熱が わかない。
今のままだと、ただ惰性で作業してるって感じ。
しかも微妙に反抗しているせいで、凄く印象が悪い行動をとっている。
(と思う)。

でも明らかに去年とよさこいの実委の雰囲気って違う。
まるで私が辞めたサークルみたいな雰囲気。
っていうかサークルの方がまだお金でたりしてたから
正直まだマシってかんじ。
そんなに強制力ってあるのかな。
だってボランティアだよ?
ボランティアへの意欲の持ち方は人それぞれだと思っている。
それぞれ自分のできる範囲でやりたいと思ってやるのが
ボランティアだと思う。
『自分はこうだから』みたいなやり方を押し付けられるのは凄く嫌だ。
やりたいと思わないならやらなくていい。
それがボランティアだろうと思う。
(あくまでも私の考え方だから 押し付けるつもりはさらさらない)
やりたいと思ってやってるボランティアだけど
大変なときって やっぱりあると思う。
それはそれ 仕方ない。
でもだからといって、他の人に当たってもいいのかしら。
たくさんの人の目に触れるメーリングとかで
愚痴のようなメールを流していいのかしら。
メーリングとか、正直 こういう言い方はどうなんだろうって
考えてしまうようなメールが何通かありました。
最大限の努力をして、来ようとしている人が読んだら
気分が悪くなるメールってあるんじゃないのかな。
それに来ない人にだって 都合がある。生活がある。
何を思うかは、人それぞれ。
こうであるべきだ という 思想の形って無いと思う。
関わり方だって個性があって当たり前なんだから。
色々足りないところを補いあって、
皆で祭りをつくっていくっていうのが本来の形なんじゃないのかなぁ。
ギスギスした雰囲気は嫌い。
本祭前に焦る気持ちは充分分かる。
だけどそういう時こそ いい雰囲気づくりを心掛けるべき
なんじゃないのかなぁ。
あまり来てない人が 行きにくい、行きたくないと
感じるような雰囲気をつくり出しているのは 
自分たちかもしれないと 少し己を省みるべきじゃないのかしら。
まぁ 私がえらそうに言えたことでは無いけれど。
言い方一つで どうにかなるようなことなら
やっぱり気をつけるべきであって欲しいと思う。

”誰が”っていう特定の人のことじゃ無くて
漠然と雰囲気に 正直 今ついていけない。
実委をやめたいわけじゃない。
寧ろ続けたいから 今凄く悩んでいる気がする。

苛々し過ぎてぐちゃぐちゃです。
気分悪くした方いたらごめんなさい。
でも正直に私が今思っていること。
 
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
OKA #oxKMrssE
無題 
私も基本的には『みちYOSAはボランティアであり参加不参加は自由』という考えには同意。義務はないと思う。もう少し行きたいのに行けない人の事を考えてくれても良いとは思った。これはボラ活動7年目の見地から考えた結果。ただ今年は常にいる人が少なかったから、そういう呼び掛けが多かったと思った。

私も実委を辞めるかどうかを考えている。単純に学業の事で続けるのが難しいっていうのもあるけど、今の雰囲気が原因でもある。

私だって人形ではない。感情も考えもあるんだ。
種 #-
 
お二方コメントありがとうございますv-238
メールでお返事させていただきました(^-^)v

秘密にする

 
トラックバックURL
http://taneseed.blog39.fc2.com/tb.php/214-232834da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。